読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

imolog

感じた事や楽しかった事を書いていきます。

一日一歩、三日でちんぽ

 仕事が終わる。今は夜の9時。これからジムへ行って体を動かす。10時半。筋肉が張るのを感じながらシャワーを浴びて家へ帰る。暖房をつけて部屋着に着替える。灰色のスウェットにTシャツ。プロテインを飲み干して、今日の服と運動着を洗濯する。加湿器に水を入れ、そうしてようやくソファにどっかりと腰を落とす。気が付くと11時半を過ぎている。

 こんにちは。oimoboyです。ここ最近の私の仕事を終えてからの一連の流れです。この後にピアノ弾いたり、映画を見たりしてるんですけど、なんというか「あれっ、別に上質な何かSomethingを使っているわけじゃないけど、これってなんだか丁寧な感じする......。」という生活をしています。というか、部屋が片付いてたら大体丁寧に感じるもんなんだな。手で挽いたコーヒーも、有機栽培の野菜も、ポーチドエッグサラダのある優雅な朝食も、カスピ海ヨーグルトも、丁寧な(というか、自分が満足する)暮らしには別に必要なかったんだなぁ、と思い始めた。丁寧な暮らしに村上春樹かもめ食堂のテイストは要らないみたい。

 仕事を終えてから自分のしたいことをしている時に「幸せは自分の内側からのみやって来て、不幸は自分の外側からも自分の内側からも来る」ということをなお一層感じる。幸せのアンテナを張れるのは間違いなく自分だけだ。自分がなにをしている時に幸せをより強く感じるのかってことに、もっともっと敏感になって行きたい。幸せは歩いて来ない、だから歩いて行くんだね~って、こういうことか?

 休日の楽しみ方はここ3年間で学んだので、これからは平日の楽しみ方を学んでいきたい。平日昼間の仕事の楽しみ方は、その後でもいいかなぁ。