imolog

感じた事や楽しかった事を書いていきます。

2018.09.07 雑記

仕事

 プロジェクト終盤で検査が山盛り。バグ対応がんば!って横目で見てたら私もバグ対応に追われて対岸の火事が飛び火。「燃えるものがあればなんでも燃やせ」と言う大いなる意思を感じる。もう俺は消し炭になりそうだよ。だから消し炭になる前にブログを書いているよ(接続詞として最低な使われ方をする「だから」には心底同情する)。

 

地震

 父親は苫東厚真発電所に勤めている。最も被害が大きい地域に住んでいるのでLINEが帰ってくるまでの2時間くらいの間、本当に気が気ではなかった。親が死ぬときはこういう感じなんだろうか。死んだかもしれないと本当に焦ったくせに、父親も母親も長生きしそうで、貯金を一銭もしていない私はちょっぴり憂鬱だ。死んでほしいのか生きて欲しいのかよくわからない。親は好きだ。でもそれとこれとは別だ。

 

正しい姿勢

 そんなものは無い。それでも最近気がついたことがある。自分が罪悪感に囚われない様に振る舞う事が心地良い。自分から罪の意識が消えると体の力がふっと抜けた気がする。何もかも”正しく”あろうとした僕は、何かにつけて”間違った”自分に罪の意識を強く持っていたのだろうと思う。関係ないけど、これだけは徹底しようと思う。それは人を裁かない事。わざとに”正しく”振る舞って人を追い詰めない。君の”正しさ”を利用して”間違った”君を浮き彫りにしない。

 精神的に向上心の無い者は本当に馬鹿なのだろうか?
本当に馬鹿だったとしても枝は折らないだろうと思う。

I'm looking for a Perfect sky,
I'm looking for a Perfect sky……

2018.08.27 雑記

夏バテ

夏バテが凄い。寝付けなくて苦しいとかそういう次元ではなく、疲れのあまりに電気をつけたまま眠ってしまう事が多い。多いというか、週のうち5日は電気がついたまま寝ている。なんか最近疲れやすい。

タトゥー

りゅうちぇるのタトゥーが話題になっていたこともあって、自分が入れるなら何かな~と考えていた。これだけは変わらないだろうなというもの(そんな物無いけど)とか、変えたくないもの(まぁ、変わってしまうけど)とか、大切にしたいもの(大切にできたかどうかは自分の基準であって、その対象にとっての基準は勘定外だけれど)とか、そういうのを入れたいなと思って、候補をいくつか上げてみた。

  • 知性
  • 本名
  • 椎名林檎の幸福論のサビの歌詞

きっと僕は「愛知」ってタトゥーを入れることになると思う。

未練

5ヶ月も経とうとしているのに未練たらたら。LINEもTwitterも視界に入れたくなくてブロックしたにも関わらず、かなりの頻度で思い出してる。未練たらたらなこととか、こうやってブログに書いちゃう事とか、かなり女々しいなと思うけれど、別に女々しい自分でいいやと最近は諦めている。そもそも、いい男じゃないんだからいい男でいる必要はない。いい男であろうとすることさえ最近では無意味に感じる。

次の恋愛

いくつかしようとしている。肉体関係を持ったのはそのうち一人のみ。はじめましての人ににっこり笑うのが面倒。自分ってこんなに人見知りだったかと驚く。毎回驚く。笑いたいタイミングで笑いたい。愛想のいい男であることなんて無意味だから。でもそんな無愛想に急になれるわけもないから、今日もきっと、そこそこにっこり笑ってるんだと思う。

2018.08.03 ここ最近

 残業40時間超えが2ヶ月連続。そのせいか下痢気味。でっけぇちんぽで痔。圧倒的な寝不足。ただしめちゃめちゃに予定が入っていて楽しい。セックスは気持ちが無ければ意味がない。ノーリスクで愛を捧げられるのが友人。夏は暑い。夜はちょっと涼しい。海に行ってもないのに腕の外側と腕の内側で若干色が違う。コンタクトレンズがもう少しで切れそう。ポールダンスは難しい。仕事や趣味の活動に全力。よって生活がおろそか。正しい事は無い。真実があって解釈がある。正しい事は無い。真実があって解釈がある。

2018.05.21 毛量

やほ
oimoboyです。

最近はポエムの生産量も減って、今ある楽しい事に目を向けられるようになってきたよ。時間って結構あっという間に経つもので、わたしかなりびっくりしてる。人生で一番長いなって思った1ヶ月も、更に1ヶ月経とうとするとそんなに長く無い気がするし、やっぱり人間って直近の記憶が一番強いんだなって実感した。

-----

今は次の髪型をどうしようか悩んでる。毛量が少ないせいか、ケアが雑なのか、とにかくなんか前髪が薄くて最悪だし、横は広がるしで悩んでる。わたしは髪の毛に向いてないのかもしれない。ただひたすらにモテだけを狙う髪型も良いなって思うけど、自分っぽくて自分に似合う髪型にしたいので、もともとの根が暗い感じと繊細な感じをミステリアスかつセクシーに表現でき(てかつハゲでもいけ)る髪型を模索中。って言うほどわたし、ミステリアスでもセクシーでもないな。セルフイメージ~!でも、ミステリアスかつセクシーにはなりたい!Love!素直で明るいって私の事を評する人も居れば、繊細で根暗って言う人も居るし、多分全部本当だと思うんだけど、なんか、まあ、そんなの決める必要もないか。

以上、髪型に関する雑記でした。

生活はできそう それはまだ

やほ
oimoboyです。

生活はできそう それはまだ
計画を立てようぜ それも無駄

 Syrup16gの大好きな曲の歌詞、この年になって自分なりに意味を持った感じ。映画「恋の罪」の言葉を借りると、"体"を持った感じ。この調子だと一生"城"を目指すことになりそうだなって思う。一生、城を目指す人生も悪くはないよきっと、と言う感じもするけれど。

こんな世界になっちまって

君の声さえもう思い出せないや 

 昔は「こんな世界」がどういう世界か全くわからなかったし、こんな世界で生活する事がどれほど辛いのかも理解していなかった。本当にこんな世界では生活などできない。足元が崩れ去ってこんな世界はやって来る。アイデンティティとは生活や行動だと気付かされた。その生活や行動(はたまたそれをルーティンと呼ぶのかも知れない)が崩れ去る時、自分は自分でなくなる(そしてこんな世界になる)。自分が居なくなった世界でまた生活をするのだ。そこに自分は居るのにね。人間は1つの時間軸の上に生きているはずだけれど、全て流れの中に存在しているのではなく、独立して存在している感じさえする。

生活はできそう(でもそれは今までの生活じゃないよ)

そこで鳴っている

そこで鳴っているのは目覚まし

そこで鳴っている

そこで鳴っているのは目覚まし時計 

  こんな世界になっても目覚まし時計は鳴っちゃうのもウケない?ウケるよね。無常~。時間は優しいから俺のために待つことは絶対にしないんだよね~。時間すらも優しいのに、こんなに辛いなって思ってしまうのは他でもない自分の執着の成せる業だよね、と思う。もうここから先の好きって気持ちはきっと愛ではなく呪いだから、さっさと捨てたい。

 捨てたいのは、捨てればいいので全然捨てちゃおうと思うんですけど、それより、私が書きたかったのここから先なんですよ。

Syrup16gの生活とSHISHAMOの生きるガール、歌詞の言いたい事ほとんど一緒じゃね?

@xxxx ラブレター

 失恋した。一番目の感想が「人生、泣いた」だった。こんなにも"ままならない事"を端的に言い表す言葉をこの先僕はきっと知ることが無いと思う。人の気持ちは移ろいゆくものだし、そのうち私の気持ちもどこかに行くし。時の流れや空の色に、私は何も望みませんので。望んじゃうんだけどね。だって人間安定を求める部分もあるでしょ?

 絶望のように思われたけれど、人と一緒に生きるのだけが人生ではない事は知っていて。二人は恋人同士ではなくなったけれど、それでも別に相手の幸せを祈る権利は誰にも奪えないわけで。まあ、立場を変えて今までどおりに幸せを祈らせていただこうかなと思います。愛の深い男だね~。こんなの普通フった側しか言えないよ~?

 人生初のちゃんとした失恋だったから「この後も友達で」なんて言われて「そうだね~」ってお気軽に返しちゃって、作業見積もりがまあ甘いな、と。甘いよ。だってそもそも友達だった期間の思い出が僕には無いから。友達に戻るって言うより、新たに友達になるって言う方が僕にとっては正しい。完全に友達としてのフラットな僕のこと多分知らないでしょ?

 「思い出の品は捨てないで」なんて、とんでもないワガママ男ですよ奴は。自分の願いを無意識に垂れ流してる様な、そういう甘っちょろい所も好きだったんですけど、そういう甘っちょろい所はこの先の人生で、別の男の前で出してもらうことにします。かくして、「この後も友達で」と「思い出の品は捨てないで」を律儀に守っちゃう私の甘っちょろい所も大切にしようと思います。これがきっと最後に直接してあげられることだしね。これくらい失恋は美化しておかないと割に合わない。酔える内に酔っておけってなもんですよ。

 フラれてから人妻、会社の先輩、友人、友人、友人に助けてもらって、更に今週末も友人に会うので、本当にわたし、失恋こそしたけれど人からは愛されていると思います。本当に皆さんありがとう。 #感謝 #仲間 #最高かよ

 もう少し、整理できるまでうるさくても許してね。

 一週間でここまで来れたので、きっと多分すぐなので。

これはこれで青春映画だったよ俺たちの

 ここ最近、モノの感じ方が学生時代のソレに戻りつつあるような気がする。弱虫に対して「弱虫め」と思うことが少なくなってきた。もっとも、ここ最近の「弱虫め」という気持ちだって同族嫌悪の(あるいは過去の自分への嫌悪の)ソレなわけだけれど。

 マッチョイズムは最高だと思う。自分の価値観を信頼し、その価値観に基づいて行動を自ら選び取る。その様がめちゃめちゃに羨ましい。ぼくもそうなろうと思っていたし、そうしようとしていたけれど、やっぱりなんだか無理をしている感じがした。だって、ぼくはぼくの価値観をそこまで信頼していないから。いつも相対的に、ありもしない世間一般の価値観に合わせて生きてきたら、そりゃそうなる。

 ありもしない世間一般の価値観だと思っていた「マッチョイズムはいつだって正しい」という価値観に合わせて生きるとどうなるか。マッチョイズム信仰に陥って弱虫嫌悪をする。割と自分で自分の人生を選び取れるようにはなったけれど、弱虫嫌悪をしている自分でいいのか?果たして自分は、自分で自分の人生を選び取る人間にったからと言って何か良いことがあるのか?というなんとも間抜けな疑問で頭が一杯になる。本当に間抜けだ。目的地が他所様の目指す所だったのだ。(ソレとは別にして、自分の責任で自分の人生を選ぶのは最低限必要なことだとは思う)

 いわゆる意識高い系みたいな、自分で選びとれ!勝ち取れ!みたいな、そういう価値観でここ数年生きてきたわけだけれど、選び取れるようになった所で大きな疑問が出てくる。「じゃあ、何を選び取るわけ?」わたしは何がしたいだろう?

 実際、「別に」って感じ。沢尻エリカかよ。強いていうと楽ちんに生きたい。なにがしたいかもわからないまま大人と呼ばれる年齢になっちゃったんだなぁ~。時の流れが全てを解決するわけではないかもしれないから、やりたいことは自分で見つけなきゃな……。

----

 学生時代から自分を変えようと必死になっていろいろしているし、その過程で好きな事や好きな人や好きな人達を見つけて、得るものは沢山あった。なんとなく、この辺(どの辺かはわからないけど)に関してはやりつくした感が出てきて、このまま進んでも、私のこめかみ当たりにかかっているモヤは消えないと感じ始めた。がむしゃらになってみたは良いけど、本当にがむしゃらだっただけで、労力の割にはあんまり進んでいない感じがする。まあ、そもそもどこに行きたいのかどう生きたいのかすらわかってないんだけど。

 それと関連してか否かはわからないけれど、最近、ナチュラルな自分に戻り始めている感じがする。きっとこれ以上この辺で頑張ってもこめかみのモヤを取り払うのには無駄な事だと気が付き始めたんだと思う。もちろん、その間に吸収したことだとか、新たに得た性質だとかはそのまま引き続き大切にしようとは思う。これはかけがえのない私の経験なので。オカマもこのまま継続。

-----

 とっても青いので、今このタイミングで「俺は何がしたいんだ?」という問題で悩んでいるんだけれど、私の青春映画、まだ終わっていないのかもしれない。未来の欠片を大切にして、明日の思い出がもっと輝くと良いな。