imolog

感じた事や楽しかった事を書いていきます。

カニ味噌

 カニ味噌って、味噌が出来る前からあったと思うんだけど、味噌ができる前のカニ味噌ってなんて呼ばれていたんだろう。カニ脳?それとも、味噌が出来てからカニ味噌は食べられるようになって名前を得たのかな?脳みそもそう。じゃあ、misonoは味噌ができる前はなんて呼ばれていたんだろう。no……?

 不格好で整合性の取れない矛盾だらけの生活はどこから始まったのだろう。高専4年のゴールデンウィークの後から?それとも、もっと前から?もしかして、矛盾だらけで整合性の取れてない生活をしたから高専なんかに入ったりしたんだろうか?どうなの?原因と結果の正しい順番が知りたい。ちなみに、misonoは味噌ができる前には存在していない。鶏が先か卵が先か。コレに関しては当たり前だけど卵が先。だって鶏は卵から生まれるから。結構、簡単な話だと思うんだよね。本当は全部。

 辛いことを辛いと感じないフリして、更に辛いことに対しても辛くないフリをして、その蓄積でどんどん辛くならない強い自分が出来上がった人。辛くならない強い自分が大好きな人。そのまま感度が鈍って辛くないことが本当に辛くなくなったりもするんだけど、そうすると今度は楽しいことに対しても感度が鈍くなってしまった人。ぜんぶぼく。ここ2~3年は無知ゆえの無感動にも打ち勝ってきている気がするんだけど、仕事に対するスタンスにだけはコレが完全に残っていた様で、仕事が辛く感じているみたい。観察力が鈍くて集中力が持たないので、仕事に関しては辛いことを辛いと言えないし、嬉しいことを嬉しいと思えない。偏見は観察力を鈍らせる最低のヤツで、こいつが仕事に対して働いていた。仕事は辛いという偏見を捨てたい。集中力の無さは辛い現実を認められない弱い自分をその場しのぎで守るための思考停止。応急処置だけじゃあ、根治は無理。こうやって整合性の取れない矛盾だらけの生活がどこからともなく始まったのだと思う。

 「幸せに意味なんてあるの?」という優しいニヒリズムに心は支配されていて、素直に辛くなれるし、素直に幸せになれる。だってどちらにも意味なんて無くて、そうなってしまうから。辛いのは悪ではないし、幸せが正義ではない。だからはぼくはそうなるだけだ。幸せは友人の結婚式みたいに不意に訪れるし、辛いのは虫刺されみたいに気がつけば去っている。瞬間瞬間を切り取って永遠の真理みたいに言うのはお釈迦様も言ってるからもうやめにした。そう言えば、論理武装は"永遠の真理"を何個も作り出して自分をがんじがらめにするだけだと感じたので、論理武装もやめにした。弱い自分を守るのは丸腰で居ることただそれだけだ。多分、ガンジーは間違っていないんだと思いたい。まぁ、同じ土俵に立たないのが大前提だけれど。

 考え事で頭を満たして現実にモヤをかけるのもやめにして、モヤをはらって建設的な行動をする事にだけ頭をつかいたい。つまり、仕事しなきゃなぁ、って事です。

 

広告を非表示にする

oimoboyが言われて「えっ?」となった言葉5選

 

oimoboyが言われて「えっ?」となった言葉5選

B型だと思った~

そんなにゴリラだと思った?モテカワスリムなのに?その目は飾りか。

彼氏居そうなのにね~

なんで居ない前提なの?しかも、コレを言われるのは彼氏が居る時の方がダントツで多い。受け答えがそこそこまともで顔もクソほどブスってわけでもなく、他人を褒められるoimoboyになぜ彼氏が居ないと思えるのか不思議でならない。まぁ、恋愛においては良い人止まりになりそうな見た目の割に、振る舞いとか言動とか、中身がチグハグだからなんだろうとは理解してる。動画で見た喋る自分は見た目と言動が一致しなすぎて気持ち悪いのだ。とにかく異様。

モテそうなのにね~

実際にモテるかモテないかはさておき、なんでモテない前提なの?図星だから余計にムカツク。

年上だと思った~

当時22歳の私が28歳に言われた言葉。正直、向こうのことを年下だと思ったので本当に世の中クソだ。年上だと思っててもソレを言うと失礼になるのがわかってんだから黙っとけ。だから年下に見えんだぞ。ムカついてきた。

他人に興味無さそう

うるせぇ!!!!!

ヤダダメのダメのヤダヤダ

 LOVEは街道を進んでペットボトルの底のキラキラを拾うとLOVEがLOVEたる所以に気がつくわけ。そうするとそのハンバーガーショップのニトリが計算上正しいことになる。これは憎しみ?愛?どっちかって言うと愛。わかる?蟹。書いといてなんだけど、1mmも理解できるところがない。ハッピーを探せ!楽に生きさせろ!

 労働時間が長い事に目をつぶって、人間関係が良いとか、仕事自体はきっと面白いはずとか、なんとかポジティブに働くことを捉えてみようにも、インターネットの刷り込みか、父親が心底嫌そうに働いていたせいか、どうにも働くことが楽しいとは思えない。ヤダダメのダメのヤダヤダになってる。そもそも働くことが楽しい人生が幸せという刷り込みも自分を苦しめている気がする。ぼくを完全にフラットな状態にしてくれよ。頼むよ。っていうか、腐るほど寝ても頭が痛い。

 社会人になって5年目、もう半年で25歳。今更ながらモラトリアムの内に終わらせておきたいような「働くってなんだろう」とか「自分がしたいことってなんだろう」みたいな悩みに直面している。本当にクソ。精神年齢5歳。5歳児のほうが将来の夢をきちんと思い描けているので立派ではないかとさえ思う。将来の夢を今から描けたところで、生活レベルを落とす勇気があるか?無い。今の生活はそれはそれでかけがえのないもので、何一つ失いたくない。とまで書いて気がついたけれど、仕事や労働、働くことが自分から疎外されている。働くことは自分じゃないのだろうか?働くことは自分だろうか?アイデンティは?考えれば考えるほど青臭いままの自分が出てきて「25歳ってなんなんだろう」となる。青臭いことを良しとしない刷り込みに苦しめられている自分に気がついてまたゼロに憧れを募らせる。生きて行くには形を変えなければならないけれど、形が変わって苦しむ事になるなんて、なんだかおかしな話だよね。

 3ヶ月くらいおやすみが欲しい。

人前で踊ってきた

 ここ2ヶ月の間、自分のできる範囲でだけれど本気で踊りに取り組んで、人前で踊ってきました。人生で始めての身内以外の前で踊ったので、web log(=ブログ)らしく、記録(log)をウェブに残そうと思います。もう一回本番があるけれど、ちょっと一旦反省がしたい。

本番の感想

 本当に本番の間の感想ってあんまりない。凄い眩しかった。眩しいから一回でもターンするとどこを向いてるのかわからなくなった。隣の人が遠く感じた。フリが飛んで悔しかった。

 2ヶ月練習して、本番に挑んで、他の出演者の踊りを見たりして、ダンスってめっちゃ良いじゃんってなった。サラリーマンで一生を終えても、ダンスに本気出せればある程度満足して死ねるんじゃねぇかとさえ思えた。まぁ、一生ダンスできる体力があるわけじゃないだろうし、この表現は大げさなんだけど。仕事が特別好きというわけではないから、本気になれることが一つでも有るのって絶対に良いよなと感じた。もっと本気で取り組みたいと思った。

本番の反省
  • 2回フリが飛んだ(ギリギリでリカバリできたのは良かった。完全にリカバリしきれず踊り切れれてないのが良くなかった。そもそもフリが飛んだのが良くなかったけど)
  • 昔に間違えて覚えた取り方で音を取った箇所がある
  • 基礎の問題は割愛
  • 衣装の早替えに成功できて良かった
2ヶ月の間に見えたと思う課題
  • 立つのが下手。足の内側が弱い。基礎練習が必要。何をやればいいかはどうせインターネットにあるので調べる。
  • カウントをいっぱい使い切れてない。あの……なんていうか………ゥワンって感じが足りない。気を回せない原因の究明が必要。焦っているのか、フリで精一杯なのか……etc……
  • 気がついたら膝から下、肘から先で踊ろうとしている。かなり初歩的。もっと根本から回すとか、なんとか、体を使う練習をする。
  • 胴体が固い(捻るのが下手……?)
  • 最近アイソレをサボっている。
  • これは願望だけど、フリ覚え早くなりたい……そうしたらもっと別の練習が出来るのに……って思った。
  • 体のどことどこが連動するのか、振り付けのニュアンスだとどう動かすのが正解?というか、振付師の思惑に合うのかとか全然考えずに踊っていた。

あとはまた踊っていく中で見つけられたら良いな……

広告を非表示にする

雑記 2017.06.28

 昨日、健康診断があった。右目も左目も矯正した視力が0.9。身長は166.8cmで体重が59.8kg。腹囲が75cm。ぼくは注射が大嫌いだけど、注射なんて平気ですよみたいな顔をしたりして、大人を装ってみた。

 そう言えば「大人は注射なんかへっちゃら」みたいなイメージはどこで仕入れたんだろう。注射が嫌いな成人してる人なんて大勢いるはずだ。大人は~~だから~~しないとか、大人は~~なんか平気とか、そういう下らない誰が決めたかわからない大人像に縛られて、自分の感情を否定するのはもういい加減やめにしたいんだぼくは。大人なんかクソ喰らえだ。注射なんか平気なフリした自分はもっとクソ喰らえだし、痛い注射はマシュマロにしちゃえだ。

 でも現実問題、注射はマシュマロにはならないし、子どもたちだって大人の顔して働いてるんだと思う。たぶん。だれだって辛いのは暗黙の了解で、そういう前提の様なものをお互いに共有した上で「あぁ、お前も演じてるんだな」ってすまし顔をし合うのが大人なんだったら、ぼくもちょっとは大人になっても良いかなって思ったりもする、かも。人前では。そうやって初めて「野暮なことはいうもんじゃねぇぜ」とか言えたりするんだろうな。するんだろうか?

 

広告を非表示にする

早寝早起き

ここ最近、弊社の定時が変わった。
以前は9:30 - 18:30だったのだけれど、今年度に入ってからは8:45 - 17:45になった。

 週休二日しかもフレックスのわたしにはなんの関係もない話で、私は11:00に出社していたのだけれど、現在進行中のプロジェクトの状況が芳しくないために、朝会が設けられることになった。朝会は9:00開始。今日一日の作業分担、作業目標を確認する。問題点が有れば朝のうちにプロジェクトメンバーに共有する。(なんとも当たり前だけれども、わたしにはなかなかコレが出来ないので、そういう機会を設けてくれるのはありがたい)かくして、今は定時出社して、定時ちょっと過ぎに帰ると言う生活をしているのだけれども、まぁ、なんというか、規則正しい生活ってマジで最高!

 今まで自分は朝に弱い人間だと思っていたのだけれど、んなこたない。ただ単に夜に寝るのが遅かっただけで、それが慢性的になっていただけだ。夜に寝るのが遅くなる理由は様々だし、生活リズムは仕事や精神の不調や夜遊びであっという間に崩れるので、これは致し方ない。のだけれど、朝に起きれない原因をろくすっぽ見つめ直そうともせず、朝が苦手だからという変な意識を持っていた事で勝手に朝を辛いものに仕上げていた。フレックスタイムが更にそれを助長していたというわけだ。いや、朝に起きるのは本当に最高。自分の理想とする人間に近づいている気がする。

 最近は家に帰る時間が早いので、自炊をしてハチャメチャな量の白米を食っているためか筋肉痛の回復が早いし、寝る時間が早いので筋肉痛の回復が早いし、早く帰れるので筋トレの時間をコレでもかと言うほど捻出できる。すごい。早寝早起きは筋トレの味方だ。平日のわたしがまるで筋トレしかしていないかの様な書き方だけれども、実際筋トレしかしていない。とにかく規則正しい生活は筋肉に良い。それから、最近なんか肌がきれい。

 ストレスフリーな生活とは「ストレスを発散させるために自分のしたいようにする生活」では無くて、「適度なストレスを与えつつ自らを律する生活」なんだなぁ、とここ最近で感じました。おしまい。

広告を非表示にする

雑記 2017.04.04

セルフイメージと他人からのイメージに大きなズレがあると最近感じた。

 なんの冗談も無く私は自分の事を思いやりのある人間であると思っていたし(思いやりのある人間であろうとし続けて居るし)それが顔にも出ていて、素朴で優しそうな雰囲気を醸し出していると思っていた。地味顔ゲイなので、そうとでも思わなきゃやってられない。顔が地味で性格が悪そうとか最悪中の最悪だ。そういうゲイはセックスの道具として消費されて終わってしまう。

 ところがどっこい、自分が喋っている動画を見たら誰だこれは。妙にゆっくりな喋り方をしている声の低いヤバめのおっさん。素朴っていうか、結構気が強そうだし、かと言って洗練されているわけでもなくて、方向性が見えず、それにもかかわらず軸がぶれて無くて、目が小さいせいか目に全く光が入っていない。俺は死んだ魚か。だったら地味顔じゃなくてサブカル草食系の顔にしてくれ。頼む。画面の中の私は、私が見ている周りの人と比べて、かなり異質に感じた。恋人が私の顔を「そこはかとなくサイコパス感がある」と評した意味がわかった。私の顔、感情が読み取りにくい。この顔でボクシングやろうとしてたの、テストステロンが増えてヤンキーっぽくなるというより、ポケットモンスター赤緑の時のタケシのキャラデザみたいなヤバさを身につけるだけな気がする。強そう。自撮りばっかりしてセルフイメージ狂わすのは本当に良くない。自分が自分で思ってるキャラと、内面がにじみ出た外見のキャラは多分違う。できれば会ったことある人全員に私のイメージを原稿用紙1枚程度で忌憚なく聞かせて欲しいとすら思う。お願い、純粋な外見に関して客観視をさせて………。外見に合わせてキャラを作っていきたい…………。

 動画を見たその時「えっ?自分ってこんな感じなの?」という言葉を飲み込んでその場は何事も無かったかの様に過ごしていたけれど、後からだんだんとショックが大きくなってきた。客観視と言うやつはかなり難しい。初めて録音した自分の声を聞いた時の感覚みたいな感じ。何もかも恥ずかしくて声を出したくなくなる感じ。あ~~

広告を非表示にする