読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

imolog

感じた事や楽しかった事を書いていきます。

わたしとツイッター

あけましておめでとうございます。
oimoboyです。仕事始めが体になじまずに辛い思いをしています。朝に起きて夜に寝るのはできるようになったのに、なぜだか業務がとても辛い。間違いなく精神的に。甘ったれてるのか、普通にもうダメなくらい消耗しているのか。

○○○○○

年末に物を捨てまくって「わたしの人生にこれは必要か?不必要か?」という問いをしてしまったoimoboy。本当は「わたしの生活に必要か?」くらいの問いにしておけばよかったのに、なぜか「人生」単位で考えてしまったoimoboy。おかげで最近ニヒリズムにどっぷり。

「この人付き合いは必要か?」「今している仕事って別にしたくてしてるわけじゃない。」「美味しいもの食べたからどうなるんだ?」「恋人が居るからってどうなるんだ?」なんだか思春期の中学生みたいな状態に陥っています。こんな下らない疑問(正確にいうと考えたところで答えの出ないであろう疑問)は社会人になる前に「考えるだけ無駄だから明るく楽しいことだけして生きよう!」みたいな感じで結論したはずなのに、最近また、物を捨てまくったことによって同じ問いを繰り返しています。進歩のない人間だ。1月5日からの水星逆行が何か関係しているのかも。(この水星逆行は1月26日に終わるみたいです。)
オラッ!積極的ニヒリズムに生きるぞ!

○○○○○

かくして「わたしの生活の無駄」に直面しているわけです。今わたしの生活の中で確実に無駄だと思うのは以下の通り。

  1. ツイッターをしている時間
  2. ツイッターで消耗する精神
  3. 残業

3つ目の残業はもうわたしの裁量というか、技量というか、とにかくわたしの力量ではどうしようもないことなのでどうもしない(このブログを書いてる時間を仕事に回せばいいのだろうけど、わたしの精神的に今は無理だ。やるだけ無駄だと思う。)ので、このツイッターで無駄にしている精神力と時間をどんどん減らしていきたい。というか、わたしがブログを始めた理由ってそれじゃなかったか?いやぁ、すっかり忘れてたよ。はてなブログに移ったのは最近だけど、そういえばそんな理由で始めたんだ。2014年の夏から進歩がまるで無い。

「なぜツイッターをやめられないのか?」という、もっと単純で当たり前な問いをしないとツイッターをやめられそうにないということに気がついたので今日はおしまい。
絶対にツイッターやめてやるからな。